FC2ブログ

言語を選ばう

 さて、と云ふ訣で今年の夏は新たな外国語に手を出さうぢやなイカといふことだつた。となると問題はどんな言語をやるかである。何でも良いつて訣ぢやない。言葉そのものの系統やら構造だけでなく、文化や歴史といつたその言語を取り巻くいろんな物についても良く考へて吟味せねばならぬ。何てつたつて語学はタイヘンなのだ。テキトーに選んで長続きしないんぢや勿体ないつてもんですよ。そこで今チェコ語と英語以外に興味のある言語を挙げてみる事にしよう。その前に何で大学でひいこら云ひながらチェコ語に取り組む事になつたのかと云ふ問題があるが、それについてはいづれ文章に書き起こして整理すべき時が来るでせうから、追ひ追ひね。

 気になつてゐて、しかも機会があればやつてみたい外国語を思ひつくままに挙げてみると、ドイツ語、ギリシア語、ラテン語、フィンランド語、リトアニア語、ロシア語、ブルガリア語、古代教会スラヴ語、サンスクリット、フランス語、ポルトガル語、アルメニア語、アイスランド語、朝鮮語あたりだらうか。いやあ、何だか業務用スーパーで買ひ物するみたいで楽しいなあ。にぎやかでいいね。次にこれらの言語を分類して行かうか。

 先づは何と言つても印欧語族に属するか、さうでないかである。何がなんと言つてもだつて感じだが、やつぱりなんか重要な気がする。ついでに語派にも分けてみよう。さうすると、

◎印欧語族
 ―インド=イラン語派
   ・サンスクリット
 ―アルメニア語派
   ・アルメニア語
 ―スラヴ語派
   ・古代教会スラヴ語
   ・ブルガリア語
   ・ロシア語
 ―ギリシア語派
   ・ギリシア語
 ―イタリック語派
   ・ラテン語
   ・フランス語
   ・ポルトガル語
 ―バルト語派
   ・リトアニア語
 ―ゲルマン語派
   ・ドイツ語
   ・アイスランド語

で以て印欧語族に属さない言語としては
   ・朝鮮語
   ・フィンランド語

 こんな感じだらうか。語群がどうのとかさういふクレーマ気質の鉄ヲタみたいな事は云はないでくれよな~頼むよ~(懇願)いやあなんか疲れた。適当に言語を挙げてみたがかうして整理してみると結構な量ですな。これを如何にして吟味して行くかと云ふ話だが、今日はこの辺にしておかうかね。とにかく夜が明けたら神保町へ行つて、ワゴンを巡りながらこれらの語学書がひとつでも無いかじっくり探して来ようと思ふ。話はそれからや。いやアマゾンとか大学生協でええやんつて感じだが、古本屋でボロボロの語学書に出会ひ彼を共にし語学をやるつての、なんか素敵ぢやないですか。うふふ。その前に四谷へも行つてみるぞ。受験期の自分に会ひに行く感じだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。