FC2ブログ

語学を始めよう

 いやあいつの間にか夏休みである。2ヶ月ですよ2ヶ月。ヒマだなあ。学生生活の醍醐味ですねまさしくはい。

 さう云ふ訣で折角の長期休暇、何かやらないと勿体無い。そこで春からずつと考へてゐたのが新しい外国語に手を付ける事である。おいおい専攻のチェコ語もまだ満足に出来ないのに他の言語に浮気かよと、さう思はれるかもしれないが、大体10年近くやつて来た英語ですらロクに出来ないのだから良いぢやないか。それにやつぱりいろんな外国語をやる事で視野を広げて行かなきやいけない。さうすることで自分のチェコ語にもなんか深みが出てこようぞ。むしろチェコ語にしても英語にしても満足行くまでやつてから次の外国語に...なんて言つてゐたらもう死ぬまでチェコ語と英語の奴隷として生きる他無いぢやないか。やつぱりうん、別に今までやつて来た言語をチャラにするわけぢやないのだから、バンバンいろんな言葉に手を出さう......

 と、云ふのが高校時代に図書館の司書の先生から黒田龍之助氏の著書を勧められてドハマりし、挙句の果てに講演会に忍び込んで激寒質問をかまして来た結果うんうんやはり彼の言ふ通りだといふ結論に到つた上での今の思ひである。

 初めて読んだ彼の本はちくまプリマー文庫の『外国語をはじめる前に』だつた。色んな外国語をやつてゐる大学生(おそらく大半は府中の某大学)を紹介して、語学の楽しさを教へてくれる良書である。それまでは英語以外の外国語なんて興味が無かつた。或る時写真部の先輩と暗室で雑談してゐた時にドイツ語かつこいいよなと云ふ話になつたが、その時の僕は「まだ英語もロクに出来ないのにねえ......」なんて言つてしまつた。今思ふとアホやつたなあと思ふ。学校の授業や宿題以外で何かを勉強するのつてすごく楽しいのにね。黒田くんの発言をパクリと云ふ名のオマージュしてしまふが、どうして語学だとかういふ話になるのだらうつて感じだ。学校の世界史でやらないやうなニッチな歴史が好きだつたり、もはや哲学みたいな危険な領域に突入した数学にせっせと取り組んでゐたりする高校生なんて全国に1145148101919人以上ゐるのに、どうして授業でやらない言語をやらうとなると躊躇してしまふのだらう。国語表記問題にせよ外国語学習にせよ、やつぱりみんな何だか変な意識を持つてゐるのだよな。いやあいかんいかん。これぢやあ彼の信者みたいぢやないか。ダメだなあ。

 また長くなりさうだ。書いてて自分でも何が云ひたいのか分らなくなつてきた。

 このブログ、兔角放置しがちなので夏休み中は毎日更新と云ふ目標を立てようと思ひます。
ですから続きはまた明日つて事で、終りでいいんぢやない?(棒読み)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アンニョンハシムニカ、チャルモッケッスムニダ、チャルモゴッスムニダ、マシッソッソヨ、アンニョンヒチュムセヨ、トマンナヨ、をすべての言語で言える>>>>>1つの言語を完璧にする。            (世界の広がり方)

とわたくしは思ふのであります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。