FC2ブログ

イタリアンカラーで撮れ名古屋

1.jpg

チューリップ40周年ツアーの名古屋公演を觀に行つてきた。
その序に熱田神宮にも立寄つた。
この日の使用フイルムは何故かコメ兵で賣られてゐたソラリス400である。
根強い人氣を誇るこのフイルムにずつと憧れてゐたのだけれど、想像以上に素晴しいフイルムですよこれは。

獨特の色合が失はれると困るので、補正抜きのプリントをお願ひしたら本當にやつてくれた。
店の人に聞くと他にも補正抜きプリントをお願ひしてくる人がゐるらしい。
銀鹽全體がマイノリティと化す中で嬉しい情報である。素人の僕が云へた事ぢや無いが。

でもつてフジカラーCDによるデータ化も頼んだ。思つたよりも畫質が良い。
さう言ふ訣で今囘は寫眞が多い。續きを讀む機能處女の喪失である。


3.jpg

熱田の杜を下から見上げた圖。美しい青だ。
ソラリス特有の青なんだらうか。フジカラーだとかうはならない...やうな。

5.jpg

本殿。デカイ。今の時代こんな大きな木造建築が作れるのは神社くらゐなのではなからうか。

6.jpg

參道に在る大楠。弘法大師の御手植ゑらしいぞ。本當かよ。
幹に苔生す姿は實に神々しい。良いゾ~コレ(恍惚)
飛騨とか北の方には楠が生えないらしい。かうして意識的に見たのは初めてだらう。

8.jpg

根元がエロい。男根と結びついた信仰がありさうな無ささうな。

91.jpg

神社と云へばお酒である。酒をかむ(意味深)

92.jpg

眞つ直ぐに構へろよ!

この日は支那から觀光客が來てゐた。
神社つて彼等からすると日帝の象徴だと思ふんだが、良いのかしら。

93.jpg

名驛前。今回最もソラリスらしい寫眞だと思ふ。
古いコダクロームとかの寫眞だと空氣は現代なのに走る車は50年代の物だつた、
なんてことがよくあるが、この場合は眞逆である。
70年代の空氣なのに走る車は現代のそれ。歩く若者もヒッピーに見えて來る。

94.jpg

近くに草間彌生ちゃんのコーナーがあつた。ヴィトン迷走し杉ィ!
しかし彼女を水玉に驅り立てる物は何なのだらうか。幼い頃のトラウマなのか。

赤ばかりなのにどことなく寒い。これもソラリス特徴だらうか。

95.jpg

クッソ汚い水玉バッグ。このフイルムのお陰で赤に深みがある、なんとなく分んだね(適當)

96.jpg

少し進むと大名古屋ビルヂングが見えた。名古屋と云へば此処である。
しかし老朽化により營業を終了し、今は解體への準備が着々と進んでゐるやうだ。
窓をよく見るとみんな青いシートが貼られてゐる。

99.jpg

寄添ふ二人。

990.jpg

ビックカメラ名古屋驛西店。これはアレか。螢光燈カブリと云ふ奴か。

991.jpg

ソラリスは青も赤も素晴しいね。

992.jpg

想ひ出の色~

所でまさか「想い出のフリスビー」をやつてくれるとは思はなかつたゾ。

993.jpg

長良サービスエリアで、この旅のフイルムは終り。
すつかりソラリスのファンになつたのだつた。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。