FC2ブログ

カートリッジ仕掛けの万年筆



 さて前回のぼくは万年筆を紛失するも、これはちやんと新しい万年筆を買へといふ啓示に違ひないと感じ再び文房具店に向つたのだつた。いやいや向つたのだつた、つて、何やねん。これ一体誰に向けて何のために書いてんですか。とてもむなしいが、しかしこれは所詮チラシの裏だからよいのだ、よいのだ、と自分に言ひ聞かせてゐる。かなしみですね。

 再び文房具店に.....と言つても、前回インクを買つたお店はショッピングセンターの一角にある文具店だつたが、今回は地元の駅から徒歩数分の所にあるオンボロの文房具屋さんに足を運んだ。おそらくこの飛騨のクソ田舎では最も大きな文具店なのではないかな。基本的な文房具や事務用品はもちろん、油絵具に漫画用品、プリンタのインク、模造紙に洗剤に将棋盤に果てはちり紙や使へなくなつたまま放置された大昔の用途不明な家電やらなんやら、売物もさうでないのもとにかくいろんなものが店内に雑然と広がつてゐる。創業は戦後すぐとのことで、お店の雰囲気は昭和から絶え間なく時を積み重ねてきて今に至つてゐる感じだ。なんだこの激寒レポートは。
 
 入つて早速筆記具のコーナーでいろいろ万年筆を物色してみたが、カートリッジ式しか無い。困つたな。もう壜入りのインクを買つてしまつてゐるのだから勿体無さがある。そこで店員さんに「え~とさうですね...カートリッジ式ぢやなくて......スポイト機構のある...コンバータ型の.....つて言ふんですかね....一寸旧式に近い感じ.....」と訊いてみたらウン万しさうな万年筆がディスプレーされてゐるショーウィンドーに案内されてしまつた。一寸ガラスにホコリが被つてゐるのもまたこの店の味はひである。わざわざ鍵を開けてもらつていろいろ見せて頂いたのだが、「こんな感じで高いのしか無いもんで~(飛騨弁)」と言はれたのでお礼を言つて終了。ほんならカートリッジ式でも仕方ねえかと購入したのがこ↑れ↓

プラチナ萬年筆 プレジール万年筆 中字 ブラック PGB1000#1-3プラチナ萬年筆 プレジール万年筆 中字 ブラック PGB1000#1-3
()
プラチナ万年筆

商品詳細を見る

 断じてアフィではございませんぞ。このシリーズはいろんな色で出てゐてしかもリーズナブル、よいですねえ。それで今回は黒の中字を購入しました。付属のカートリッジの説明通りペン先パーツに「イッキに」差し込むとプチュッと言つて毛細管の部分にインクが流れ始める。しばらく経つてからノートに万年筆を走らせると実に滑らか。この万年筆も安物だが、最初に手に入れたのよりははるかによい。なんか悪く言つてるみたいだが、僕みたいな今まで鉛筆でガリガリノートを取つてゐた純朴ノンケ少年があっさり万年筆ユーザーになつてしまつたのだから、サークルさんの策略は大成功と云へませう。

 これ以降、毎日万年筆でチェコ語例文や英詩の写経をしたり、ギリシア文字の練習をしたり、日本語の訳文を書いたりしてゐる。とにかくただ何か書くだけで楽しいですね。偶然にもこれに先立つてアルファベットを筆記体で書くと云ふことを始めてゐたのだが、万年筆で書くことで遥かにそれらしくなつて気持ちがいい。

 いやあ、良さだ。万年筆は良いぞ。OCです。まだ書くことがある気がするけど、今日はここまでににしときますぅ。それでは、みなさん、さいなら~。
スポンサーサイト

迫真万年筆部・筆記の裏技


無断転載も厭はない人間の屑。

 いやあ、昨日は一日中寝てゐた。一日中寝てゐたので僕にとつて昨日は無かつたやうなものなのであつて、しかるに昨日ブログが更新できなかつたとしても我が掲げたる毎日更新の目標を破つたことにはならないだらう。よしよし。

 それで前回は万年筆の薄い本と万年筆本体を手に入れたのであつた。万年筆と云へば某それ町の某キャラがノコギリでギコギコ切つて虫眼鏡を取り付けたところの筆記具なイメージしか無かつたが、ここに来て急に親近感が沸いてきた感がある。しかし手に入れたのは万年筆だけなのであつて、インクが無いと実際には書けない。コミケ終了直後の早朝西部多摩川線で府中を飛び出し終点武蔵境、乗り換へ中央線快速で東京へ、そこから東海道本線を西に西に、途中東田子の浦、清水で下車してぶーらぶら、岐阜から高山本線に乗り換へて前日の豪雨のため下呂までしか行けない状態だつたのでそこで降り、ママゴンの運転するトヨタラウムで故郷に舞ひ戻つた僕は、地元の文房具店でインクを買ひ求めたのだつた。

 買つたインクはコレ。プラチナ万年筆の壜入りの奴である。画像はプラチナ万年筆のサイトから拝借した。

 こんな壜入りのインク、まだ売つてるんですねえ。ドラえもんやサザエさんのコミックスでしか見たことが無かつたが、かうして自分の手元にあるとなんか感動的である。のび太のママが家計簿を付けたり、しずちゃんのパパが仕事をしたり、波平がデパートのお中元売場で宛名を書いたりするときに使つてゐた。逆に言ふとあの頃はまだ万年筆が日常的な存在だつたといふことだ。役所の書類から家計簿に至るまで、すべてがボールペンに取つて代られるのはいつごろのことなのだらう......また気になることがひとつ増えた。しかしこんなインクまだ売つてるんですねえ、なんて、万年筆愛好者の人に言つたら怒られるかしら。「白黒フィルムなんて、まだ売つてるんですねえ」なあんて云はれることがよくあるが、「はぁ.....まぁ.....」と受け答へるしかできないのだよな。同様にかういふメインストリームを退いた事物に関する趣味に関しては発言に気をつけねばつて感じだ。ところでおなじ万年筆用のインクでも、お菓子のシガレットみたいな箱したカートリッジ式の詰替インクはよく見かける。しかし手元にあるのはインクをちゅーちゅー吸つて充填するスポイト式だつたため、文具店のショーウィンドーを開けてもらつてまで壜入りインクを手に入れる必要があつたのだ。

 そしていよいよインクを充填し、軸をキュルキュルと締めてペン先で紙をなぞると本当にインクが出てきた。いやまあ万年筆なのだからインクを入れれば出てくるのは当り前なのだが、暗室で初めてネガを現像したときに普段携帯やデジカメで日常的に行つてゐた写真と言ふ行為そのものに感動を覚えたやうに、万年筆で書くことによつて、小さいころから散々やり、やらされてきた筆記と云ふ行為に改めて感動したのである。感動を表したいときに感動しか言葉を知らんのなんとかならんかな。でもこれサークルの人が言つてゐたやうに30本で、4000円!の安物なのだ。お世辞にも書き味がよいとは云へないし、一寸紙に引つかかるとインクが半径10センチ四方に散布してしまふ。やつぱりちやんとしたのを買はなきやねえ。

 しかしながら、悲しいことにこのはじめての万年筆を僕はどこかに落してきてしまつたみたいです。しくしくしく、四苦八苦。かなしみだ。まあでもこれはしつかりした万年筆を買へつてことでせうなあ。まあそんな時もあるさ明日は違ふさ(んがっ!もう朝ぢやない)、つて感じだ。そこで僕は、今度は万年筆本体を求めて街の文房具屋さんへ赴くことにしたのであつた。つづく。続くの!?

筆記具レイプ!万年筆ユーザーと化したぼく

 日付が変つて少し経つた。今日も僕の一日が終らうとしてゐる。はやく寝よう.....

 と、思つたところでこのブログの事を思ひ出した。前回から毎日更新宣言をしたのにもうこれだよ。駄目だなあ。とりあへず三日坊主にだけでもなつておかなきや。しかし眠いので、パパッと書いて終らせませうね。

 前にも書いたが今年は初めてコミケに参加した。コミケ自体のことはまた後のネタとしてとつておきたいのだが、そこで僕は或る同人誌を購入した。

っっk

 これである。万年筆の本。万年筆なんて特に興味が無かつたのだが、以前某中古赤瀬川原平の万年筆についてのエッセイを読んだことはあつたから、何と無く気になつてはゐた。加へて一冊本を買へば万年筆がおまけでついてくるなんて書いてあつたので折角ならと五百円玉を出したのだつた。

 ......しかし眠たいなあ。もう続きはまた明日つてことで、終りでいいんぢやない?(棒読み)

三日坊主にすらなれなかつたぼく

 皆さんお久しぶり。前々回のぼくは「このブログ、兔角放置しがちなので夏休み中は毎日更新と云ふ目標を立てようと思ひます」なんてさらつと言つてゐるのだが、既に前回更新から二週間程経つてるんだよな。学生特有の有り余る暇をまさしく持て余してゐるのにブログ更新が三日と続かない。こんなんで大丈夫なのだらうか色々と。人間として。

 前回の更新以降、ってこんな感じで前にも始めたやうな気がするのだけど、まあよいとして、僕は神保町で語学書を探したり、結局四谷には行つてなかつたり、コミケに行つてみたり、新宿でフランス人に道を訊かれたり、在来線で東京から飛騨まで帰省してみたり、いろいろあつた。いろいろあつたのでこれからしばらくはブログのネタが尽きる事は無いだらうから、今度こそ毎日続けるぞい!ぞいぞい!つて感じだ。

 で今日早速何か書かうと思つてみたけれど、いきなりいろいろ書くと疲れちやふので、今日はここまでとしませうね。それでは皆さん、さよなら、さよなら、さよなら。

言語を選ばう

 さて、と云ふ訣で今年の夏は新たな外国語に手を出さうぢやなイカといふことだつた。となると問題はどんな言語をやるかである。何でも良いつて訣ぢやない。言葉そのものの系統やら構造だけでなく、文化や歴史といつたその言語を取り巻くいろんな物についても良く考へて吟味せねばならぬ。何てつたつて語学はタイヘンなのだ。テキトーに選んで長続きしないんぢや勿体ないつてもんですよ。そこで今チェコ語と英語以外に興味のある言語を挙げてみる事にしよう。その前に何で大学でひいこら云ひながらチェコ語に取り組む事になつたのかと云ふ問題があるが、それについてはいづれ文章に書き起こして整理すべき時が来るでせうから、追ひ追ひね。

 気になつてゐて、しかも機会があればやつてみたい外国語を思ひつくままに挙げてみると、ドイツ語、ギリシア語、ラテン語、フィンランド語、リトアニア語、ロシア語、ブルガリア語、古代教会スラヴ語、サンスクリット、フランス語、ポルトガル語、アルメニア語、アイスランド語、朝鮮語あたりだらうか。いやあ、何だか業務用スーパーで買ひ物するみたいで楽しいなあ。にぎやかでいいね。次にこれらの言語を分類して行かうか。

 先づは何と言つても印欧語族に属するか、さうでないかである。何がなんと言つてもだつて感じだが、やつぱりなんか重要な気がする。ついでに語派にも分けてみよう。さうすると、

◎印欧語族
 ―インド=イラン語派
   ・サンスクリット
 ―アルメニア語派
   ・アルメニア語
 ―スラヴ語派
   ・古代教会スラヴ語
   ・ブルガリア語
   ・ロシア語
 ―ギリシア語派
   ・ギリシア語
 ―イタリック語派
   ・ラテン語
   ・フランス語
   ・ポルトガル語
 ―バルト語派
   ・リトアニア語
 ―ゲルマン語派
   ・ドイツ語
   ・アイスランド語

で以て印欧語族に属さない言語としては
   ・朝鮮語
   ・フィンランド語

 こんな感じだらうか。語群がどうのとかさういふクレーマ気質の鉄ヲタみたいな事は云はないでくれよな~頼むよ~(懇願)いやあなんか疲れた。適当に言語を挙げてみたがかうして整理してみると結構な量ですな。これを如何にして吟味して行くかと云ふ話だが、今日はこの辺にしておかうかね。とにかく夜が明けたら神保町へ行つて、ワゴンを巡りながらこれらの語学書がひとつでも無いかじっくり探して来ようと思ふ。話はそれからや。いやアマゾンとか大学生協でええやんつて感じだが、古本屋でボロボロの語学書に出会ひ彼を共にし語学をやるつての、なんか素敵ぢやないですか。うふふ。その前に四谷へも行つてみるぞ。受験期の自分に会ひに行く感じだ。

語学を始めよう

 いやあいつの間にか夏休みである。2ヶ月ですよ2ヶ月。ヒマだなあ。学生生活の醍醐味ですねまさしくはい。

 さう云ふ訣で折角の長期休暇、何かやらないと勿体無い。そこで春からずつと考へてゐたのが新しい外国語に手を付ける事である。おいおい専攻のチェコ語もまだ満足に出来ないのに他の言語に浮気かよと、さう思はれるかもしれないが、大体10年近くやつて来た英語ですらロクに出来ないのだから良いぢやないか。それにやつぱりいろんな外国語をやる事で視野を広げて行かなきやいけない。さうすることで自分のチェコ語にもなんか深みが出てこようぞ。むしろチェコ語にしても英語にしても満足行くまでやつてから次の外国語に...なんて言つてゐたらもう死ぬまでチェコ語と英語の奴隷として生きる他無いぢやないか。やつぱりうん、別に今までやつて来た言語をチャラにするわけぢやないのだから、バンバンいろんな言葉に手を出さう......

 と、云ふのが高校時代に図書館の司書の先生から黒田龍之助氏の著書を勧められてドハマりし、挙句の果てに講演会に忍び込んで激寒質問をかまして来た結果うんうんやはり彼の言ふ通りだといふ結論に到つた上での今の思ひである。

 初めて読んだ彼の本はちくまプリマー文庫の『外国語をはじめる前に』だつた。色んな外国語をやつてゐる大学生(おそらく大半は府中の某大学)を紹介して、語学の楽しさを教へてくれる良書である。それまでは英語以外の外国語なんて興味が無かつた。或る時写真部の先輩と暗室で雑談してゐた時にドイツ語かつこいいよなと云ふ話になつたが、その時の僕は「まだ英語もロクに出来ないのにねえ......」なんて言つてしまつた。今思ふとアホやつたなあと思ふ。学校の授業や宿題以外で何かを勉強するのつてすごく楽しいのにね。黒田くんの発言をパクリと云ふ名のオマージュしてしまふが、どうして語学だとかういふ話になるのだらうつて感じだ。学校の世界史でやらないやうなニッチな歴史が好きだつたり、もはや哲学みたいな危険な領域に突入した数学にせっせと取り組んでゐたりする高校生なんて全国に1145148101919人以上ゐるのに、どうして授業でやらない言語をやらうとなると躊躇してしまふのだらう。国語表記問題にせよ外国語学習にせよ、やつぱりみんな何だか変な意識を持つてゐるのだよな。いやあいかんいかん。これぢやあ彼の信者みたいぢやないか。ダメだなあ。

 また長くなりさうだ。書いてて自分でも何が云ひたいのか分らなくなつてきた。

 このブログ、兔角放置しがちなので夏休み中は毎日更新と云ふ目標を立てようと思ひます。
ですから続きはまた明日つて事で、終りでいいんぢやない?(棒読み)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。