FC2ブログ

いいことありますやうに今日も~!

部室にある業務用のKodak GOLD100を使つてみた。使用期限は2006年。
クッソ久しぶりのカラーである。お金がかかるから年に數囘しか使へないんだよなあ...
最近の寫眞屋さんはもうフイルムスキャンしてレーザープリンタで燒いてゐるやうだ。
それをまたスキャナで取込むといふのは一寸馬鹿馬鹿しい。
しかしフジカラーCDだけぢやなんだか寂しいね。
プリントで受取らないとそれまでのワクワクが還元されない。やつぱり物質は偉大だ。

pc.jpg

我が部室のPCである。無駄にハイスペックなんだよなあ...

glass.jpg

何故か先輩方が殘して行かれたスタイリッシュなワイングラス。
撮影用小道具として最近活躍した。觀葉植物くんのやうなマスコットになる日も近い。
カラーフイルム特有の感じがよく出てゐる。この感じは何から來るんだらうなあ。
デジタルと違つて...とかあんまり云ひたくないけどやつぱりなんか違ふ。非現實的だ。

mayu1.jpg

部室に最近坐す樣になられた繭樣。
しかし「坐す樣になられた」つて正しいのだらうか。神主兄貴見てるかー!?
猫神やおよろず、觀ておきたかつたな。OPとEDしか見た事がないけど。
この邊ぢや放送されてなかつたんだよね。田舍はこれだから困る。ニコで一話だけ觀てみるか。
と言つて見てみたけどあれ凄くいい。柚子さん...また素晴しい女の子に出會つてしまつた。
戸松ファンにもなつてしまひさうな勢ひ。あな、出遲れた。
ところでレンズの事は全く分らんがなんだかいいボケである。マクロレンズは便利だね。

mayu2.jpg

上に同じ。空は白く飛ばず、逆行氣味の繭樣も割と適正露出に寫つてゐる。
カラーネガはラチチュードが廣いと聞いたがここまで寛容とは。
さて最近繭樣のDSがふつ飛んでどこかへ行つてしまつた。
部室の整理ついでに探しませうか。見付け難いものですが...
と書いて下書に抛込んで置いたら次の日見附かりました。ぱちぱち。

ans.jpg

隣の生物準備室との領有權爭ひが起きさうな暗室の電燈。
このブログ名からも分る通り我が晝食會場である。
昭和三十年代の病院みたいな雰圍氣を釀し出してゐるのは期限切カラーフイルムの所爲だらうか。

madobe.jpg

その暗室の窓から一枚。寫れるペットボトル君は現像液用の物である。
或る本に藥品は光を通さない容器に入れろとあつたがやつぱりその方がいいかね。
緑のボケを生かしたかつたけれどペットボトルくんとの組合せは何だか違和感がある。難しい。

えぢおん

街中のエイデ...エヂオンである。
ナントカ周年で改名らしいがエイデンの方が良かつた。榮電社。
漢語由來のカタカナ語つて恰好良いよね。ニコン、キヤノン、あと何だ。

全體的に見て特にシャドー部の粒子が粗い。ISO100とはいへ有効期限6年越えはまづかつたか。
キタムラより400圓も安くプリントして呉れるお店から更に200圓引き件を貰つたから、
今度はちやんとした新鮮フイルムで挑まうと思ふ。カラーは贅澤品だから餘り使へないのが辛い。
スポンサーサイト

でもやつぱりお金が全て

また例の中古ショップで買物をしてしまつた。
まあ隣で寫眞用品展やつてた序に行つたから...まあ多少はね?
レコードを買つたんです。200圓。LPだよLP。こんなに暴落する物なのか。時代ね。

じゃけ

これ。TULIPの「日本」。今年再結成ツアーをやつてるあのTULIPである。
名古屋にも來るから行かなきやね。次は誰か死んでるかもしれないし(無禮)
それにしても衝撃的なジャケットだ。
尼のレビューでは評判が良くない(と言つても一人の意見)けど、TULIPのジャケットで一番良いんぢやないかな。
朱色に毛筆で「日本」。ミーハーだなと思ひながらもなんだか堪らん。
この西洋人が東洋に憧れてデザインした樣な感じが好きなのかもしれない。極端で分り易いからね。

曲目

懷古趣味溢れるイメージ畫像付の目次もいい。
と言つても2012年から見て、だから全くの自分勝手な思ひ込みである。
でも戰前の面子の寫眞が使はれてる邊り、70年代の懐古趣味は主に戰前に向いてゐたんだらう。

えくた

さてトラック1「せめて最終電車まで」のイメージは電車を撮影したポジである。印象深い。
よく見るとパーフォレーションのところに「EKTA」の文字が。クォレはエクタクロームぢやなイカ。
Kodak兄貴が最近生産を終了してしまつたあのエクタクロームである。
リバーサルなんて使はないし、そもそも寫眞歴が淺いのでよく分らないけど、
とにかく多くの人にとつて思ひ出深いフイルムだつたんぢやないだらうか。
お店にあつた他のレコードのジャケにもこんな風にパーフォレーション入りでポジが使はれてゐたが、
やつぱりエクタクロームだつたんだよなあ。

さう云へばカメラマガジンに掲載されてゐる色んな寫眞家のベタ燒きを見ても、みんなコダックだつた。
日本では富士も強いけど、世界的に見ればフイルムと言つたらコダックだつたんだらうあ。
そんなコダック兄貴も遂にフイルム部門を賣却してしまつたらしい。やべえよやべえよ...
つまりリバーサルのみならずGOLDもTriXもTmaXもみんな無くなつてしまふと云ふ事である。
當然D-76の純正品も消え失せてしまふ。ああどうしよう。今は學校の暗室にストックが有るからいいけどさ。
カメラと感光材が一體化したデジタル時代の到來はコダック兄貴にとつて痛過ぎたんだらう。
これで銀鹽をやめてしまふ人も多いのかな。寂しいね。これからは富士かイルフォードくらゐしかないのか。
いやまあこれだけ選擇があるだけ贅澤なんだよね。
最早銀鹽に趣味性以外のメリットは無いだらうし、某人類以上に衰頽してゐる分野なのである。
ああもう終りだと嘆いてゐても仕方が無いんで、これからも少い小遣ひでバンバン金を落して行く他ありませんぜ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。