FC2ブログ

本 古本 背表紙 修理 修繕

この前東京で買つたアルス寫眞大講座。
500圓と言ふこともあり...

P6170286.jpg

かなり状態が惡い。このままだと數十ページがボロつと取れる。
昔の製本方法は、ある程度のページをまとめて背表紙に幾つも糊付けするといふものだつたやうだ。
自分の持つてゐる本だと、姉妹社時代のサザヱさん單行本なんかがこの製法。

背表紙の隙間を接着して強化する。これで讀めるやうになるだらう。
最初はこの隙間に兩面糊を塗つたプリント用紙を押込まうと思つたが、
モルト修理用に買つた両面テープを使へば良いと氣附いたのでやめた。
しかしテープの臺紙を剥がすのが絶望的に不可能、はつきり分んだね(泣)

半ば諦めかけてゐた所、

P6170290.jpg

状態の惡さが逆に幸ひし、こんな感じに捲れた。
ここに兩面テープを貼れば良いぢやないか。さつきとは對照的に悠々と貼る。
變なグシャグシャの布はもう仕方がない。取り拂つてしまはう。糊も塗つてがつちり固める。

かくして二册を處理。あとの二册はまた今度。

P61702j92.jpg

ところで背表紙の裏側にこんな紙が挾つてゐた。
製本の時に經費削減で古本を切つて挟んだのか、
それとも前の持ち主も僕と同じやうな修繕をしようとしたのか...

いづれにせよ背表紙にひつついてしまつてゐるのでこの紙ごと接着した。
偶然に掘り出した遺蹟を工事の都合で泣く泣く埋めてしまふ氣持。
なにやら文語が書いてあつた。何の本だつたのだらう。

兎に角修繕できて良かつた。戰前の古い本だがきつと役に立つ。
どんな本だつて何度も何度も讀めば面白くなり、自分の糧になる、
とかなんとか佐藤紅緑の「嗚呼玉杯に花うけて」で讀んだ。

これの正字正かな版が欲しいのだがなかなかない。
神保町データベースには一往あつたがウン萬する。
いつか古本屋の外にあるワゴンで出會へることを夢見てゐるのだが中々無ささうだ。

青空文庫で全文が讀めるので是非ともどうぞ。ただしあまり改行がなくとても讀みにくい。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000575/files/3585_21718.html

今回は檢索で引つ掛かつてくる人に期待してこんな變な題名なのよ。では。
スポンサーサイト

富士QW革命

フイルムの定着を終へ畫像を慥かめると、餘計なモノを取除くために水洗を行ふ。
僕はKingの取説そのままに、流水で30分の水洗をしてゐた。
しかしこれ中々に水道代がかからないか。親の脛囓りの身としては實感が無いので困つたものだ。

そこで富士QWなる水洗促進劑を尼で買はうと思つた。
この藥品、絶望的に安い。2L用でなんと60圓である。
2Lで35mm100本が處理出來、しかも水洗時間が格段に短くなるのだから買ふしかない。

問題は送料。600圓。本體價格に10倍す。
こんなアホ臭い話はないので通販での購入はやめにしたが、
丁度東京に行けることになつたのでヨドバシで買つた。

CIMG7987.jpg

なんとなく二袋。

暗室用品コーナーのお姉ちゃんに、
「これつて定着液みたいに使ひ回せるんですか?」と訊いたら
「ああ・・・はい。」
と言はれ、そんなに買ひだめする必要もないと思つたので。

R0012120.jpg

この「写真用」といふ言葉が僕は好きだ。そりだけ。

R0012115.jpg

袋を開けると、意外にも乾燥劑の樣な青い粉が現れた。
油斷して鼻を近附けると、フジフィックスと同系統の刺激臭が。クッソ臭いフジ藥品きらひ。

R0012116.jpg

慣れない初めての藥品に色々と魂消ながら溶していくと、綺麗な水色の液體になつて行つた。
これはうつとりするくらゐに綺麗だ。
いつか科學部で鹽化銅水溶液を見せて貰つたのを思ひ出した。水溶液つて素晴らしいね。

ちなみにこの藥品は20℃~40℃の水(お湯?)に溶せばいいらしい。かなり寛容的だ。

R0012123.jpg

プリント用紙を適當に切つてラベルとした。
定着液と違つて疲勞が分りにくいので、後ろに貼つたラベルに正の字で處理本數を記録していく。

早速東京旅行で撮つたTmax100の水洗に使ふ。しかし紫色がどうしても取れない。
これで水洗促進浴をして、推奬水洗時間の倍洗つても取れない。
一旦乾燥し、次の日更に30分水洗したつて取れない。

本格的に富士QWの性能を疑ひ始めたのだが、調べた所どうやら定着不足であるらしい。
フイルムが拔ける時間の倍は定着時間が必要だなんて知らなかつたよ。

そこで5分ほど定着處理をすると、成程綺麗に紫が取れてゐる。
ありがたうフジフィックス。ごめんよQW。

そんなこんなで我が寫眞藥品群に新たな一員が加はつた。ダイナモ感覺で引續き頑張らう。

東京に行つてきたよ。

前回書いた通り東京に行つてきた。東京に?東京へ?助詞つて難しい。
撮つた寫眞はまた今度上げようと思ふ。現像すらまだできてゐないので。

といふ譯で戰利品共。田舎住ひにとつて東京は買物天國なのだ。

P6170282.jpg

先づ神田の古本屋で買ひあさつた。これだけ買つて3000圓。
全て魚山堂書店といふ、寫眞關聯專門のお店で買つた。
ここには憧れのアルス書籍が山ほどある。
あんまりいいお店だつたので宣傳しちやる。こ↑こ↓。

http://gyozan.jimbou.net/catalog/index.php

CIMG7988.jpg

新宿ヨドバシカメラ館6階の暗室用品コーナにて。
若いお姉ちゃんが店員をやつてゐてびつくり。取敢ずこれでまた色々と捗る。
しかしLPLにしてもKingにしても、懇切丁寧な言ひ回しだが大變上手い。
「水切りには必ずご使用ください。早く綺麗に乾燥します。」
なんて書かれたら買ふしかないだらう!いい加減にしろ!

foma.jpg

それとカメラ館一階のフイルムコーナーでフイルムを買つた。
富士やコダックなどの有名所はもちろん、
ILFORD、Kentmere、チェコはFOMAPAN、さらには生産終了直前のミノックスまである。
フイルムの種類にしても、ブローニーやシートまで全部揃つてゐる。
まあなんといふことでせう。流石入口に「日本一の取揃へ」みたいなことを書いてあるだけある。
記念にミノックスの寫眞を撮らうと思つたが、店員に何か言はれたら恐いのでやめた。
許可とれば良かつた。ちよつとした後悔。

結局ここではFOMAPAN400とILFORDのDELTA400を買つた。
ちなみにこの寫眞は特急ひだの車内。クッソ紛らはしい特急しなの嫌ひ。

HP5とDELTA400の違ひが分らなかつたので店員の兄ちゃんに訊くと、
HP5はコントラストが高く、DELTA400はグレーの階調が豐からしい。
だからDELTAの方が40圓も高い譯ね。納得納得。

それにしても暗室用品賣場といひ、フイルム賣場といひ、若い人が店員だつたのが意外だつた。
飛ばされたのか、それとも志願したのか...後者であれば嬉しい。
自分も未だ學生であるが、銀鹽趣味が銀鹽世代のものだけではないといふことだよ。

120616_152656.jpg

あと秋葉原でCD。さくにゃんは「エーリカ・ハルトマンを愛でる動画」からはまつた。
しかし未だHappy Harmonics以外の曲もなかなかいい。じつくりと聽いて行かう。
戰國コレクションOPはなんといふか半ば衝動買ひ。前々からいいなとは思つてゐたが。
ピングドラム以降Brain's Baseすき。これがABCHOのデビューCDらしいので今後に期待。

以上、東京に行つてきただけでこんな報告をする土人の圖でした。

Tmax100を買つた。

s-CIMG7974.jpg

いろいろあつて明日から東京へ行くことになつたので、
學校近くのキタムラで三本入りのTMAX100を購入。

自分にとつて浪費の象徴三本セット。つひにその處女を喪失した訣だ。

「世界最高の粒状性」を謳ふ100TMAX。
!マークの右上にある★注には、

★感度100白黒フイルムにおいて(2007年11月現在)

とある。
隣で「世界最高水準の粒状性」を謳つてゐたACROS兄貴。
つまり彼はあくまで「世界最高水準」であつて「世界最高」ではないんだよなあ...
がんばれよオイ!(激勵)

s-CIMG7982.jpg

開けてみるとやはりKodak特有のキャップ。

s-CIMG7985.jpg

そしてKodak特有の紫。
このフイルムは今までに一回しか使つたことがないのだが、現像液が紫色に染る。とことん紫。

s-CIMG7984.jpg

氣附いてみればデザインが變つてゐる!
昨年買つた奴は紫と黒を基調としたクッソスタイリッシュなデザインだつたのに!
経費削減で簡略化したんですかね...ちよつと寂しすぎんよ~(泣)

あとこのフイルム、現像データがよう分らん。ISO100/200つて何だよ。どつちなんだよ。
それにD-76 1:1のデータ無さ杉!原液使ひ回しなんて僕は嫌ですよ。なんか恐い。
新宿ヨドバシでTmax現像液を買はうかとも思つたが、重いし金がない。

大體どうしてACROSとTmax100しか賣られてゐないんだ。
もつとかうPrestoとかTRYX400とかあるでせう。もう文句たらたら。人間の屑。

フイルムについて色々と調べて考へた今日は、夕燒けを數枚撮つておしまひ。

ところで新宿ヨドバシには銀鹽用品專門のフロアが有るんですつて?
あ^~金が消えてゆく^~ 希望は踊る大八洲。

ブログを始めたよ。

ダイナモ感覺!ダイナモ感覺!(開闢)

樣々の銀鹽ブログに觸發されて設立しました。

FlickrとかPinterestとかやつてみたけど寫眞系SNSきらひ。
結局長文と畫像を垂れ流せるブログに行き着きました。
誰も見ないだらうけどどうぞよろしく。

正字正かな、言はゆる旧字旧仮名は氣にしないでね。
慣れれば普通に讀み易いから...まあ多少はね?
ただ僕の文章自體が讀み難い。はつきり分んだね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。