FC2ブログ

各駅停車のこと

 新宿から府中市内の最寄駅まで、久しぶりに各駅停車で帰つた。今年の2月に京王ライナーの運行が始つてからは毎回そちらに課金するやうになつてしまつたが、たまにはロングシートの座席に腰かけてチンタラと帰路につくのも気持がいい。

 かういふときには普通、特急や準特急といつた速達列車に乗ることになる。「府中はどの電車に乗ればいいですか」と訊かれて、各駅停車を案内する新宿の駅員はゐないだらう。比較的遠くの駅にはさういふ優等種別の列車を使ひ、短い距離を行く時には各駅停車や普通列車に乗る。多くの鉄道会社がそんなやうなダイヤ設定をしてゐて、お客さんもそれを了承した上で鉄道を利用する。いはゆる「遠近分離」である。

 さういふ訣だから、新宿から府中のほうまで各駅停車で乗り通す人はあまりゐない。自分以外の乗客は電車に乗り込んでもすぐにどこかの駅で降りてしまつて、またたく間に入れ替る。そんな各駅停車にずつと乗り続けてゐると、「都心と郊外」といふ大きなくくりとは別の、京王線といふ比較的短い路線の中でもさらにぶつ切りになつた小さな生活圏がいくつもあることに気がつくのだ。かういふやうなことを特急列車の通過待ちをしながら外の景色をぼんやり見ながら考へてゐたときに、「青春18きっぷ」の旅行もこれと同じだと思つた。

 そろそろまた、「青春18きっぷ」の季節がやつてくる。いふまでもないが、1万円と少し払へばJRの普通列車や快速列車が1日乗り放題で、東京から岐阜県の田舎に帰省するときには大体いつもこの切符を使つてゐる。新幹線を使へば数時間で済むところを10時間以上かけて帰るのには、カネがない、新幹線では通り過ぎてしまふやうな街で自由に途中下車ができる、読書がはかどる等のさまざまな理由があるけれど、京王線の各駅停車と同じやうに、大都市間の幹線輸送向きでない小さな生活圏をつぎつぎに通り過ぎるあの楽しさが味はへるといふのもまた大きい。普通列車を通じて、静岡やら山梨やら長野やらの縁もゆかりもない街の人々の日々のくらしを垣間見るのである。どこかの駅で人が入れ替つて別の生活圏へ向ひ、気がつくとまた車内の顔ぶれが様変りしてゐる。旅行の大いなるよろこびのひとつはさういふところにあるだらうし、江戸から大坂までえんえんと歩いた弥次さん喜多さんの時代の旅には、今よりもさうしたよろこびを楽しむ余地があつたのだらうなと想像する。

 いつも思ふが、「青春18きっぷ」で旅をするといふことは、細切れになつた小さな生活圏をむすぶ普通列車、それぞれの街でくらす人々のための列車にあへて乗せてもらふといふことなのだ。「18きっぷシーズンだけでも東海道線の静岡区間に快速列車を走らせろ」などとのたまふ不届き者は、腹を切つて死ぬべきなのである。日本のメインルートを走る東海道線は18きっぷの季節になるといつも混雑するが、我が物顔でドカドカと電車に乗り込むろくでもねえ学生や暇さうな爺さん婆さん、乗換駅で猛ダッシュする鉄道オタクを見ると気分が悪い。そして自分自身もそんなろくでもない乗客のひとりであるから、沿線に住む人々に対し毎度申し訣ない気持になる。いつだか、薄汚い中年の男が「高校生うっぜ!」と吐き捨てて静岡駅で下車するのを見たが、アレが18きっぷユーザーだとしたら許されないことである。全国のローカル線を支へてゐるのは、何よりも地元の高校生たちなのだから。

 そんなことを色々と考へるとつらい気持になるので、最近では東海道線に乗らず、比較的混雑の度合の低い中央線に乗つて塩尻経由で帰省することが多くなつた。それでも塩尻から中津川までは、2両しかない普通列車が自分も含めたいはゆる「18きっぱー」で満員になるから、あまりいい心地はしない。「青春18きっぷ」で普通列車の旅を楽しむのは大いに結構だが、やはり地元の人々が第一であることを忘れてはならないと思ふ。

 結局、京王線の各駅停車で乗り通すのと、「青春18きっぷ」で旅をするのとでは事情が違つてくる。そもそも「青春18きっぷ」は普通列車の利用が少くなる閑散期に増収のため発売されるものである。今日の京王線で体験したやうに、地域ごとに細切れになつた「小さな生活圏」をつぎつぎに通り過ぎつつ、それぞれの街の人々の普段のくらしを垣間見るには、やはり閑散期でも繁忙期でもない、普通の平日に、普通乗車券を買つて旅行するべきなのだらう。しかし途中下車をしまくつて切符が下車印まみれになるのもそれはそれで恥かしいのが難しいところだ。鉄道趣味向いてねえな。
スポンサーサイト

哀しいなあ

また哀しい話を聞いてしまつた。

最大手がマッチ製造撤退=製造機の維持困難-兼松日産農林
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092700816&g=eco

兼松日産農林がマッチ製造をやめるらしい。需要が激減したのと、設備の老朽化が要因みたいだ。あの黄色い像や燕、白い桃がタバコ屋からコンビニから姿を消すのか。と、思つてゐたらこれらの商標は他のメーカーに譲渡するといふからまだいいけれど、幼い頃から理科の実験なんかで見慣れた「兼松日産農林株式會社」の10文字が見られなくなつちやふんですね...

そんなマッチ受難の時代である昨今だが、最近大型徳用マッチを買つた。いや自分が買つたワケではないのだけど、とにかく自宅でタバコの着火具として使つてゐる。銀塩フィルムといひレコードといひ、新技術によつて淘汰されつつあるものが、若者にとつては逆に新鮮なものとして映るといふ現象がここでも起きてゐる、ハッキリ和姦だね。



普通にデカすぎる、訴訟も辞さない。左側の一般的なマッチ箱で概ね40本、右側の大型徳用には800本ぐらゐ入つてゐるらしいので、大体20倍か。一日一箱吸ふとすれば40日で消費できる計算になるが、いつも自宅で喫煙するわけではないのでもつと時間がかかるだらう。これだけ大量に入つてゐるので、箱の側面全てが側薬となつてゐる。といつても内容量には全然見合はず、以前にも徳用のマッチを買つてみたことがあつたが、何も考へずに擦りまくつてゐるとすぐに側薬を使ひ果してしまひ、結局使ひ物にならなくなるんだよな。と、いふワケで今回は戦略的に擦つて行くことにした。

unnamed (1)


側薬全体を正方形の区画になんとなく分け、なるべく消費しないやうにちまちまと小さいストロークで擦つて行く。ひとつの場所で側薬を使ひ果したら隣の区画に移つて、そこも使ひ果したらまた...といふやり方。何だか焼畑農業みたいだ。上の画像みたいにある程度開拓が進んだら、耕作が終つて火が着けられなくなつた部分の端から端まで一気に擦ることで、また何回か着火することが出来る。これなら前回みたいにならず、最後まで使ひ切れるだらう。

なんて頭がいいんだ、フェっフェっ、と調子に乗つてゐたが、どうやら側薬が単体で売られてゐるやうだ。でもそれも少し違ふだらう。やはりデフォルトの側薬で最後まで行きたさは、あるね。

周りの人間のあひだで「ストライカーユニット」と呼ばれてゐるこの側薬くん。パンツを穿いた女の子達が空を飛ぶアニメ『ストライクウィッチーズ』にちなんだものだが、どうやら本当に「マッチストライカー」といふらしい。まア結局使ひ切れなかつたら世話になることもあらう。とにかく今は、数10センチ四方の農地で焼畑農業に従事して行きますよ~行く行く...ヌッ!

プラハよさらば

 さて、早くも大学2年の夏休みである。時が経つのは早えなあ。実は昨日までの1ヶ月間、チェコ共和国はブルノ市のチェコ語サマースクールに参加してゐたのだつた。

 入学時から、2年の夏休みにはチェコ語のサマースクールへ行かうとずつと思つてゐた。サマースクールとは、大学が夏休みを利用して外国人向けに開講する集中語学講座である。チェコ各地の主要都市で毎年開催されるこのイベントは、外大生達の夏の定番といつてよい。1ヶ月間、現地で思ふ存分チェコ語を学び、世界中から集つてくる学生達と共同生活を送る...そして共通言語はもちろんチェコ語。生れてこの方ずつと、クソ狭い日本語圏から一歩も出ることのなかつた自分にとつて、チェコ語サマースクールはまさしく憧れであつた。

 入学して早々、1年の夏休みに行く手もあつたのだが、さう頻繁に海外旅行の出来るやうなブルジョワでもないのに、基本文法すらままならぬまま現地へ赴くのはあまりにも勿体ない。最初の一年間は座学で出来る限りの知識を詰め込み、次年度のサマースクールをより有意義なものにしよう、そんな風に考へてゐた。しかしながら、昔から夏休みの宿題を8月31日に泣きながらやるやうな性分である自分が大学生になつたからといつていきなり勤勉になれる訣でもなく、結局以前の記事で書いたやうな、自墮落の境地に陥つてしまつたのである。

 そんな中で、日本のチェコ共和国大使館が、サマースクール参加を希望する日本人に奨学金を支給してくれるらしいとの情報が入つた。対象となるサマースクールは、プラハのカレル大学、ブルノのマサリク大学、オロモウツのパラツキー大学の3つ。入学当時の自分だつたら迷はずプラハのサマースクールを選んでゐただらうが、1年間チェコ語学徒をしてゐる間、どうもプラハぢやいかんだらうと云ふことになつてきたのだ。

 確かにプラハはチェコの一大中心であり、人口百万あまりの都市でありながら、パリやイスタンブールと並ぶヨーロッパに於ける世界的観光地の一つに数へられる。中世の歴史的建造物が今なほ数多く残る美しいこの街で、自分の先生達もみんな学んできた...このやうにプラハのサマースクールを選ばない理由などないやうに思へるが、世界的観光地であると云ふことは、その分観光客ずれしてしまつてゐると云ふことになる。恐らく街には英語、ドイツ語、中国語、日本語などチェコ語以外の外国語が溢れてゐるだらうし、最近プラハとソウル間に直通便が設定された関係で韓国人観光客も急増してゐるといふ。聞くところによると、世界的観光地であるが故に、バカンス気分でサマースクールに参加するやうな連中も多いらしい。加へて外大生もさぞかし多からう。折角チェコ語を学びに現地に来たのに、日本人同士でリトル・ジャパンを形成しべたべたと馴れ合つてしまふといふやうな事は絶対にしたくなかつたし、そんな光景は見たくもなかつた。更に、外大にはプラハ出身のネイティブが2人をり、決して悪気がある訣ではないだらうし、自分自身おふたりを敬愛してゐるのであんまりかういふ事は言ひたくないのだが、時々彼女らからプラハ以外の地方を見下すやうな態度が何となく感ぜられてしまふのだ。上京して以来、東京の自己中心つぷりにウンザリし続けて来たが、どうやらチェコでも事情は同じなのではないか。地方出身のチェコ語学徒としては、プラハ中心主義に与することなく、このチェコといふ国に地方からアプローチして行かねばならないのではないか。さういふ考へを持つやうになつた。

 そんな訣で、初めてのチェコ生活はプラハではない、どこか他の街で過さうといふ事になつたのである。しかし何よりも、一度も行つた事のないプラハに別れを告げる、この酔狂感がたまんなくたまんねえのだなあ。

をーくまん物故割れた

 この「物故割れた」と云ふの、パソコンに元から入つてゐるMS-IMEで「ぶっこわれた」と打つと誤変換されて出てくる語句なのだが、「物故(人が死ぬこと、といふ意味らしいゾ)」と「割れた」と云ふ字面が昨日ウォークマンをポケットから落してしまつたところに運悪く自転車が来て踏みつけられ、画面がグシャグシャになつて全く使ひ物にならなくなつてしまつたといふ今のクッソ哀れな状況にいかにも相応しい。しかしながら僕は2009年にベータ版が出て以来ずつとGoogle IMEくんを使つてゐる。彼は「ぶっこわれた」と打つてもちやんと「ぶっ壊れた」と正しく変換してしまふので、タイトルを打ち込む時にいちいち「ぶっこ」と打つては変換し、「われた」と打つてはスペースキーを押さねばならず、何とも本末転倒なことをしてしまつた。
 そんな訣で、僕が四年半にわたつて愛用してきたウォークマンは、雨降る甲州街道の道端であんまりにもあつさりとその人生に幕を下ろしてしまつたのである。
 
 これは僕にとつて一大事だ。歩いて30分掛る最寄駅に行く道中や、1分毎にタンクをひつくり返して攪拌するだけのクッソ単純な暗室作業、いくらやつても床の見えぬ果てしない汚部屋掃除に、他人のノートの写経をしたりする時、出先で突然感傷に駆られたり、花澤香菜ちゃん分が不足してどうにもならんやうになつた時なんかにはウォークマンが無いとやつて行けない。インターネットの通販やオークションでなるたけ安いのを探し求めてもよかつたが、何せ状況が逼迫してゐるので翌日すぐに武蔵府中から新宿へと下り、ヨドバシカメラ新宿西口本店へと向つた。新宿のヨドバシなんて、飛騨にゐた頃は年に一回あるかないかの東京旅行の終盤、京王のバスターミナルで帰りのバスを待つ間の暇つぶしに立ち寄つて、なけなしの小遣ひで地元では手に入らぬ英国イルフォードやチェコはフォマのフイルムを一本だけ買つて惜しみ惜しみ使ひ、箱からパトローネまで部屋の引き出しに大事にとつておく...といふ、まさしく憧れの場所であつた。思へば自分がチェコに惹かれ、東京の外国語専門校を志望して今かうして東欧の斜陽言語なんかやつてゐるのも、夢の街東京の一角の、思はぬところでチェコ製品との出会ひがあつたのが大きいのかもしらん。そんなヨドバシの本店を、平日の夕方、すつかり日が暮れてから交通費ゼロで(実は訣あつて京王電鉄の電車全線定期券を持つてゐるのだ)ふらりと訪れ、その日のうちに帰つて来られるやうになるとは。ここでもまた、自分が故郷を離れ、随分遠くまで来てしまつたことを実感するのである。

 終点の新宿駅に着くと、当然ながら全員が降りる。降車ホームから改札に向ふ階段は人が詰つて中々進まない。夕方の時間帯と云ふのは、都心で働いたり学校に行つてゐた人達が西東京のベッドタウンに帰るので普通下り電車の方が圧倒的に混雑するのだが、それでも上り電車にはあれだけ沢山の人間が乗つてゐるのか。朝の通勤ラッシュの時間帯、上りの特急電車が到着しようもんならこの駅は撮り鉄用語でいふところのまさしく激パ状態になつてしまふだらう。一時期新宿駅でアルバイトしようと考へてゐたことがあつたが、やはりさうしなくて正解だつた。
 すぐにでもヨドバシに向ひたかつたが、朝から何も食べてゐなかつたのでとりあへず松屋へ行く。人間、物欲よりは食欲の方が勝るらしい。次点で性欲と睡眠欲のどちらが来るか。やはり睡眠欲なのかなあ。夫が毎日多忙で疲れ果ててセックスレスになり、妻が欲求不満になるといふの、よく耳にするものね。僕は彼女なし童貞マンなので関知しないけれど。
 松屋に行くと、僕はいつもキムカル丼とポテトサラダを注文する。似たやうなのにビビン丼があるが、あれはやめた方がいい。キムチばかり多くてその分肉が少く、原価厨的観点からすると損をした気分になるからだ。どうも貧乏性でよくないね。夕飯時だつたので、店は大盛況。厨房では怒号みたいなのが飛び交つてをり、飲食バイトだけはやりたくないと思つた。書き入れ時の飲食店なんて、駅でいつたら人身事故が起きて振替票と遅延証を求める客で改札がごつた返してゐる時と同じぐらゐの激パ状態なのではないだらうか。ところで店が繁盛する時間帯を意味する「かきいれどき」といふの、僕はずつと「掻き入れ時」と書くと思つてゐたのだが、正しくは前述の通り「書き入れ時」らしい。ネットの語源由来辞典くんによると、「商売で売れ行きが良い時には、取引の数字などを帳簿に書き入れることが多くなることから、『書き入れ時』というようになった」とのことである。いやア、世の中知らないことがいつぱいだ。
 そんなこんなで食欲が満されたので、次は物欲の番。数人の諭吉なぞ持ち合せてはゐないので、コンビニで下さねばならない。近くのファミマに書け込んで、ATMに「4万」と打ち込む。いつも生活費として数千円下ろす時には「パタタタタ.....」と何とも軽妙な音がするのだが、数万円となると「ズトトトト.....」と、金額だけでなく紙幣を数へる音も重い。明細を見てみたら、今年の後半からバイトを初めて以来、給料の半分以上を使ひ込んでゐることが分つた。大学にゐる間、一年ぐらゐは海外に逃亡したいのならかなりの金を貯めねばならぬのだから、これではダメぢやないか。しかし、自分を魅了し続けて止まることを知らないこの文明のコンテンツ生産の一大中心であるところのメトロポリタン東京に出てきてしまつてゐるのだから、まぁ多少(の浪費)はね?

 いけないけない。結局ここまで書いてまだウォークマンを買つてゐないぢやなイカ。しかしまあ紙面も足らぬので、それではみなさん、さいなら~(激寒)

皆さんお久しぶり、ふたたび。

 いやあ、まさしく光陰矢の如し、である。

 夏休み前半の八月はコミックマーケットに行つてみたり、18きっぷで帰省してみたり、高校の同級生共と再会してワイワイやつてみたりと、色々あつたのだけど、後半の九月になつてからは、毎日20時間睡眠なんてザラなぐらゐ、無為で堕落した毎日を過してゐた。この20時間寝るといふの、皆決つてそんなの不可能だと云ふのだが、朝4時に寝て昼過ぎに起き、腹が減つたのでコンビニで菓子パンを買ひ込んでガツガツ食ふ、それで副交感神経がガンガン稼働してまた数時間後には眠くなる、そのまま翌朝になつてまた腹が減つて...を繰り返してゐれば、大体一日20時間程は寝てゐる計算にもならうぞ。

 そんな感じで、夏休み後半には完全に生活リズムが狂つて、大学に出された宿題もままならいまま10月を迎へたのだつた。宿題を全くやつてゐないため授業に出るのがきまづく、秋学期が始つてからは授業をサボる癖もついてしまつた。加へて秋から始めた夜勤バイトが生活リズムの崩れに益々拍車をかけ、サークルの活動すら寝飛ばすやうになつてからは、これもう(俺の単位と学生生活)わかんねえな、といふ状態である。もうそろそろ冬コミの季節であるが、夏コミ後から振り返つてみると自分は本当に何もやつてゐない。食つては寝て、たまに用を足し、時にはオナニーも...と云ふ、一次欲求だけに忠実な完全なるニート、人間の屑、ウンコ製造機である。「夏休みは毎日更新!」とか言つてゐた自分が、今の自分と同じ人間とはとても思へない。今日も自主休講をかまして4コマ落した。4コマ落して何をしてゐたかと云ふと、昼の2時過ぎに起きて夕方から『耳をすませば』を観てゐた。観るだけで何だか希望が湧いて来たが、湧いてきただけで結局その直後に今度は性欲がムクリと立上がり、また無為にティッシュを消費してしまつた。
 
 ひたすらよくない、とにかくよくない、分つちやゐるんだ。よくないなあ。そこでふと自分のブログなんか目を通してみる。夏休み前の自分、高校の時の自分が、なんだかとても楽しさうに見えた。いやあよくない。少し前の自分にすら遜色を感じてしまふなんて、僕は相当ヤバいのではないか。

 とかなんとかいつて、自分の思ひをある程度まとまつた文章にしてみるとこれが結構楽しいもんですね。また気が向いたら色々書いてみたくなつてきた。ブログ更新を目的に、手段として日常を充実させてみる、さうすることで、少しは状況がよくなるかもしれない、なあんて、夏休み前みたいに楽天的なことを考へてゐると、また堕落しさうで恐いが、文章の練習も兼ねて、やはりブログを書くのはよいなと、散々昼寝して全く眠くない目をこする必要もなく思つたのだつた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。